香川大学教育学部特別支援教育 坂井聡研究室 sakalab-acc.com

香川大学

文字サイズの変更

「しょうがい」の表記について

「しょうがい」の表記に注目してみると、「障害」、「障がい」、「障碍」など、自治体や法人、個人によって様々なようです。そのような中、千葉市長が「しょうがい」の表記について考えを述べられておられました。

WHO(世界保健機関)が提唱した「しょうがいは社会に参加、活動できないことにより生じる」というICF(国際生活機能分類)の考えを考慮すると、アクセスすることができない社会側に「害」があると考えることができます。

「しょうがい」の表記については、人それぞれ意見があると思いますが、「しょうがいとは何か?」ということについて、もう一度考えるよいきっかけとなるのではないでしょうか。

*本文では、「しょうがい」の表記について誤解がないよう平仮名で表記しております。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150525-00000002-withnews-soci

文責 大学院2年 鈴木


教授インタビューMovie


Social Media 


appの広場