香川大学教育学部特別支援教育 坂井聡研究室 sakalab-acc.com

香川大学

文字サイズの変更

イチローの言葉から考える達成感

久しぶりに更新します。

前回の時に、気分一転と書いて、すでに1カ月半!!

さすがに、更新が遅れております。

そして、今回のブログの話題も少し前の話題からです。

イチローが3000本安打を記録しました!(オリンピックの話題よりも前です)

その時のインタビューを一部抜粋。

---------------------------------------------------------------------

【インタビュアー】

一般の人間には達成感が今後の目標に向けての邪魔になる。3000本の達成感をどうやって消化して次の目標に進んでいく?

 

【イチロー】

「達成感って感じてしまうと前に進めないんですか。

そこがそもそも僕には疑問ですけど、達成感とか満足感っていうのは僕は味わえば味わうほど前に進めると思っているので、小さなことでも満足感、満足することっていうのはすごく大事なことだと思うんですよね。

だから、僕は今日のこの瞬間とても満足ですし、それは味わうとまた次へのやる気、モチベーションが生まれてくると僕はこれまでの経験上信じているので、これからもそうでありたいと思っています」

--------------------------------------------------------------------

これを聞いて、まさにそれだと思いました。

特別支援教育においても同じです。

達成感が自己肯定感やモチベーションへとなり、自身の成長へとつながっていきます。

ぜひ、イチローのこの考えをもっともっと特別支援教育に生かしていけたらと思います。

文責:鈴木

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Treena Barrio (木曜日, 02 2月 2017 01:52)


    Amazing! This blog looks exactly like my old one! It's on a entirely different subject but it has pretty much the same layout and design. Wonderful choice of colors!

教授インタビューMovie


Social Media 


appの広場